成田医院 ロタウィルスワクチン接種について

成田医院 内科・小児科 稲毛海岸

ひたやすみ.pngロタウィルスワクチンについて

ロタウィルスワクチンについて(ロタリックス、ロタテックの2種類)



 乳幼児のロタウイルス感染による胃腸炎を予防するためのワクチン、赤ちゃん専用の内服するワクチンです。ロタウイルスに感染すると、通常は胃腸炎をおこし下痢や嘔吐を認めます。重症化すると脱水症状などで入院治療が必要になることもあります。またロタウイルス脳炎という病気になり、神経系の後遺症を残すことも稀にあります。ロタウイルスワクチンの接種(内服)により、感染を予防できるようになりました。
 日本では、ロタリックスが2011年11月に、ロタテックが2012年7月に発売になりました。赤ちゃん専用の内服するワクチンで、現在2種類が発売されています。どちらのワクチンもロタウイルスによる嘔吐下痢症を防いだり、軽くしたりして、点滴や入院が必要になるほどの重症例を約90%減らします。結果として、脳炎などの重い合併症も防ぎます。「ロタリックス」は生後6週~24週まで、「ロタテック」は生後6週~32週までの赤ちゃんに投与できます。またどちらのワクチンも、初回接種は生後14週6日までに行うことが推奨されています。これは、腸重積症(腸閉塞の一種)が起こりにくい低い年齢で接種するのが目的です。
 当院ではロタウィルスワクチンの接種を始めました。接種できる期間がとても短いので、できるだけ早めに相談して、接種スケジュールを立てましょう。 接種希望の方は予約を承りますので、受付で予約して下さい。

●接種対象および接種スケジュール●

生後6週から接種できますが、ほかのワクチンとの同時接種を考えて、生後2か月からが最適です
ロタウィルスワクチンは、ヒブワクチン、プレベナーや三種混合ワクチンと同時接種が可能です。

1)ロタリックス(2回接種)

対象年齢:生後6週0日~24週0日まで
1回目の接種は生後14週6日までに行うことが推奨されています。
4週間以上の間隔をおいて2回接種(経口接種)をします。
〈接種費用(自費)〉1回:15000円

2)ロタテック(3回接種)

対象年齢:生後6週0日~32週0日まで
1回目の接種は生後14週6日までに行うことが推奨されています。
4週間以上の間隔をおいて3回接種(経口接種)をします。
〈接種費用(自費)〉1回:9300円


さらに詳しく知りたい方は、